本文へ移動

共幸講座

共幸講座最終回

2019-10-15
  寿地区「共幸講座」全5回終了…9/25最終講座より
最終講座では、参加してくださった皆様にそれぞれの思いを書いていただきました。
テーマは、①いちばん心に残ったこと②福祉の文化祭感想③講座を通して私の中で生まれた変化です。
皆様からとても素敵な感想をいただきました。
その中から抜粋して掲載させていただきます。

①講座で一番こころに残ったこと
「青木さんのお母さんのお手紙、自分がいなくなった後の娘を思う気持ちが痛いほど伝わってきました。その時も大泣きでしたが、今も思い出すだけで泣けてきます。」
「最初の講座が一番心に残りました。ときどき車で(ねく すとの前を)通るとき、富安さんが木を切っているのを見かけます。そういうとき、“がんばれ”って応援しています」
「コムハウスで一緒にヒンメリを作ったことが楽しかったです。は じめてコムハウスにお邪魔しましたが、みなさんが楽しそうに仕事しているのを見て、感動しました」
 「(施設見学に行って)障がいのある方と職員の方との信頼関係が強いことを感じました。」
 
②福祉の文化祭の感想
「今年も230名の参加を得て盛大に行うことができた。小学生との交流、施設展示、最後のコムサンバは良かった。」
「コムハウスのお手伝いをしました。販売をしましたが皆さんに買っていただいたのはうれしかったです。もちろん自分もクッキーを買わせていただきました。ダンスも踊りました。時間たつのが早かったです。」
 
③講座に参加して生まれた“わたしの変化”
「障がいのある方のことを知りたいと思って参加した。誰でも障がい者になる可能性がある
のに、元気なうちは(私たちは)気づいていない。こういう機会をもっとつくってほしい」
「今までの自分よりちょっとだけ、世の中のことがわかったような気がしました。
おおげさかもしれないけど、参加して本当に良かったと心から思っています。」
「『障害』という言葉に疑問を持つようになった。私たちは『健常者と障害者』という言葉を使うけれど、この言葉(目線)自体が“上から目線”だと感じています」
 ※たくさんのうれしい言葉を頂き、有り難いです。またやりたいと思いました。   
 
※3月に共幸講座の一環として「星に語りて」の映画を開く予定です。
      くわしくはアルプス福祉会 コムハウス 85-2234(村松)まで
社会福祉法人アルプス福祉会
〒399-0021
長野県松本市寿豊丘642-1
TEL.0263-85-4141(代表)
FAX.0263-31-3696
1.日中活動支援事業
2.グループホーム
3.居宅介護事業
4.相談支援事業
0
2
1
3
3
4
TOPへ戻る